カルビ、ロース、ハラミの違い理解してる?[焼肉]

焼肉

 こんにちは、タカフミです!

今回はタイトルにもあるように焼肉の代名詞とも言えるカルビ、ロース、ハラミの

違いをそれぞれ説明して行こうと思います。

突然ですが、今まで焼肉屋へ食事をしに行った時

『俺よくわかんないから』

って言って友達に注文をまかせたり、

とりあえず適当に

『カルビ3人前で!!!』

とか店員さんに言ったりしてませんか??

今後は自信を持ってメニューを選べるように、この記事を読んでしっかり違いを理解しましょう!!

結論 

では早速結論から言うと

  • カルビ:肋骨周り
  • ロース:背中
  • ハラミ:横隔膜

の総称です。

ここまで読んでみて

『そんなこと知ってるわ』

って思った人もいるかもしれませんが

『しらなかったわ』

って言う人もいると思うので、もう少し深掘りしていきます。

カルビって??

カルビとは韓国語で肋骨を意味しているんです。ただ厳密には定義されていなくて肩や腕にもカルビがあったりします笑

よく皆さんが聞くのは上カルビ特上カルビあたりではないでしょうか!?

でも実はこれらは部位の名前を表しているわけではないんです!!

焼肉屋さんによってどの部位を上カルビにするか異なるので、

上カルビや特上カルビはそのお店の特徴を表してると言えますね!!

ロースって??

ロースはリブロース肩ロースに分けられます!

基本的にカルビに比べてサシが少ないので脂身を気にする女性の方にもお勧めできます。

あの有名なサーロインはリブロースの一部なんです。

ハラミって??

ハラミって見た目が赤いのでカイノミのような赤身のお肉だと思ってた人多いんじゃないでしょうか。

(※カイノミ:お腹と後ろ足の間くらいの赤身肉)

ところが、実は内臓のお肉なんですよ!!僕もはじめて知ったときはびっくりしました。

ただホルモンと違って胃のようにガチの内臓ではなくてあくまでも筋肉なので、抵抗感なく食べれると思います。

以上で今回は終わりにしたいと思います!!

細かい部位の説明などはまた今度しようと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

twitterも始めたので是非フォローお願いします!https://twitter.com/noifumi1