焼肉の美味しくてオススメな部位を完全解説!

焼肉

こんにちは、タカフミです! 

『今回は焼肉の美味しくてオススメな部位を完全解説!』

というテーマで書いていきます。

『焼肉ってメニューが多すぎてなに頼んだらいいかわからん』

って言う人、

『部位多すぎて違いがわからん』

っていう人は是非この記事を読んでください!

部位紹介

タン

牛の舌にあたる部位です。 

タン塩、上タン塩、タンモトなど舌の中での希少性によっていろいろ種類があります。 

タンについて前の記事でも解説してるのでまだ読んでない方はぜひ読んでください!!

ネック

焼肉店ではあまり置いていないところが多いです 。

餌を食べる時など首をたくさん運動させるので筋肉が非常に発達しています。

そのため脂肪が少なくカロリーも低めです。

以下の肉でも言えることですが、筋肉を運動させている部位は脂身が少なく赤みが多い傾向にあります。 

特にこの部位は筋肉が多いと言うことで割と硬いと言う難点もありますが、じっくり煮込んでカレーやシチューなどに使ってもいいと思います。 

肩ロース

ここは主にザブトンが占めています。 

ただしお店によっては『上ロース』、またはそのまま『肩ロース』という名前で出しているところもあります。

ザブトン

ザブトンはその名の通り形が座布団に似ていることから名付けられました。 

脂が非常に多くとても綺麗なサシが入っています。 

腕・肩バラ

この部位は大きくミスジ、ウワミスジ、クリ、トウガラシに分けられます。

ミスジ

ミスジは肉の中に三本の筋繊維が通っているためこの名がつけられたと言われています。 

腕の中ではあまり動かさない部位のため柔らかいお肉になっており、ステーキとして食べられることが多い部位です。

ステーキ肉の焼きかたは少し特別なのでこちらの記事でご覧ください。 

ウワミスジ 

ウワミスジは、ミスジの上に被さるような位置に存在しており 

ミスジよりも運動量が少ないためより柔らかく赤身が多い肉です 。

クリ 

断面を見るとわかるように三角っぽい形をしており、肩にあるため肩三角と呼ばれることもあります。

ミスジ、ウワミスジに比べでよく運動する部位のためタンパク質が豊富で味が濃いです。

トウガラシ 

初めて実物を見たとき

『真っ赤やん!?』

って思いました。 

それほどまでに、脂の量が少なく赤身の肉になってます。 

見分けやすくていいですね笑

主にローストビーフや叩きに使われます。 

 

リブロース

リブロースは、ロースの中でも特に脂が多く上質なサシが入っています。 

この中でエンピツ、マキなどに分けることができます。

エンピツ

リブロースの中でほんの少しだけ取れる部位です。 

形が文房具の鉛筆に似ていることから名付けられました。 

赤身と脂身のバランサが非常に良い部位です。

マキ 

リブロースの芯に巻きついているように存在する部位 です。

超希少でお店ではあまり見られないかもです。 

脂が非常に多く、マグロで言うと大トロみたいな存在です笑

お店によっては特上カルビとして出されることもあります。

サーロイン 

説明しなくても美味しいのは皆さんご存知ですよね笑 めちゃめちゃ有名な部位です。 

ちなみにロースのことを外国では「ロイン」と呼び、その味から「サー(騎士)」と言う名前がつけられた結果『サーロイン』となりました。 

これもステーキで食べるのがオススメです。 

ヒレ 

牛肉の中で1番柔らかいとも言われている部位です!

また、ヒレの中でも最高級の部位を『シャトーブリアン』と呼びます。

シャトーブリアン 

焼肉好きなら名前くらいは誰でも知っているのではないでしょうか。 

サーロインと並ぶくらい有名ですね! 

ヒレ自体が希少で全然取れないのにシャトーブリアンは一頭の牛から僅か2kgしか取れません。

牛の体重は約600~700kgであるので,約1/300つまり0.003%しかありません!

ちなみにこの確率は超珍しいことで有名な「オスの三毛猫」が生まれる確率と同じです。 

シャトーブリアンありがたいですね笑 

バラ肉 

ここがいわゆる『カルビ』としてお店で提供されている部位です 。

バラ肉の中でも希少な部位は名称を分けることができ、主にカイノミ、ゲタに分類できます。

 

カイノミ 

代表的な赤身肉で、かつ焼肉屋に高確率で置いてあります。

よく見かける人が多いのではないでしょうか!?

脂がのっているにもかかわらず、さっぱりしておりとても美味しいです。 

ゲタ 

この部位はお店では『中落ちカルビ』として売られてるところが多いと思います。 

よく壺とかに入ってる長いやつですね笑 

部分的にはあばら骨の間にある肉でしっかり脂がのっています。 

魚でもそうですが骨の間の肉って美味しいんですよ! 

また、位置的にはこの辺にハラミもあります。 

ハラミ 

横隔膜にあたる部位で柔らかく、赤身の肉になってます。 

『カルビとはどう違うねんっ』

ていう人は下の記事もご覧ください。 

しんたま 

ここは『しんしん』、『かめのこ』、『ともさんかく』 に分けることができます。

 

しんしん 

しんたまの中心に存在し、これも赤身肉の代表です 

塊で焼いて切ってローストビーフで食べたらもう幸せです笑

かめのこ 

トウガラシかなっていうくらい赤いお肉です、 

しんしんに比べで置いてある店が少ない印象です。 

置いてあったらラッキーなので是非食べましょう。 

ともさんかく 

これはマジで美味しいです! 

しんたまのなかで唯一脂身があ多いお肉で、サシが綺麗すぎます。 

とにかく塩で食べるのがオススメです!

ランイチ

すみません、、画像では『ランプ』となっていますが、正確には『ランイチ』です。 

ここはランプとイチボにわけることができ、

 どちらも薄くスライスしてすき焼きやしゃぶしゃぶなどで食べるのががオススメです。 

ランプ 

ステーキとして人気の赤身肉です。

おしりの部位なのでしっかり運動していて、なおかつ脂は適量です。 

イチボ 

『H bone ・エイチボーン』略してイチボと名付けられたという説が有名です・

 

ランイチの外側にあるお肉で、しっかり脂がのっています!

テール 

尻尾の部分です。

『尻尾って食べれたんだ!』

って思いません?僕は衝撃でした。 

これは主に煮込みに使われることが多いですね笑 

テールスープとかが有名です。 

番外 

ホルモン 

ホルモンと一言で言ってもたくさんの種類があります。

胃にあたる『ミノ』『ハチノス』『センマイ』『ギアラ』ですが 

こちらは記事にしましたので下からどうぞ

 

ハツ 

ハツは心臓部分で、心臓の英訳『heart』から来たと言われています。 

1番運動していると言っても過言ではないこの部分は食感がしっかりあってとても美味しいです!

 

レバー

これは有名、肝臓ですね。

ドロっとしていて若干気持ち悪いですか、好きな人は好きですね、僕は嫌いです。

シマチョウ、ホルモン 

これらは大腸で、ホルモンの中でも特に脂が多い部位です。

 

焼く時は油を落とさないように気を付けましょう!!

だいたいこんな感じですね。 

これで一通り焼肉屋に置いてあるお肉は紹介できたかなっと思います!

 

ではこっからは、

『こんなに食べられないわっ』

『結局なに食べればいいんや』

って人に向けておすすめの部位を紹介していきたいと思います!!

じゃあどの部位食べよっかな 

脂身が好きな人へ 

  • タン
  • 上カルビ(大トロがあればそちらの方が良い)
  • ともさんかく
  • シャトーブリアン
  • ホンモン 

タンは外せないとして、脂の多い肉を選びました。 

上カルビはたれがおすすめで、ともさんかくは圧倒的に塩がオススメです。 

また、シャトーブリアンはワサビ醤油がいいですね。  

ホルモンは好き嫌いで個人差があると思いますのでお好きな方はどうぞ。

おすすめは『ミノ』と『シマチョウ』です!! 

赤身が好きな人 

  • タン
  • 上ロース
  • カイノミ
  • シンシン
  • カメノコ
  • ランプ
  • ホルモン

このあたりですかね。

タンはレモン、ロース、カイノミ、しんしんは塩がオススメです。

 

脂が少なく赤身の多いお肉は基本塩で食べとけば幸せになれます笑

 

ホルモンは、、、以下略

おすすめは、『ハツ』『ハチノス』『センマイ』です。

今回はこんな感じで終わりにしたいと思います!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

twitter を始めたので是非フォローお願いします!!

https://twitter.com/noifumi1