【入門編】今更聞けないお酒の知識

焼肉

こんにちは、タカフミです!

今回は

『今更聞けないお酒の知識入門編』

というテーマで書いていこうと思います!

焼肉屋といえばあの豊富な種類のお酒ですよね!

そのお酒を十分に堪能するために、たくさん知識をつけちゃいましょう!

今回の対象はお酒の知識がほとんどない大学生に向けています。

詳しい深掘りは近いうちにアップしようと思います!!

お酒の紹介

基本的に世の中にはサワーからはじまり、果実酒、カクテル、ハイボール、ビール、日本酒、ワインなどがあります。

サワー

サワーは場所によってはチューハイとも呼ばれます。

チューハイとは、甲類焼酎を炭酸で割ったものになり、それにレモンなどの甘みを加えるとサワーになります!

そもそも

『甲類焼酎って何』

って方へ、説明をして行こうと思いますがそれは下の「焼酎」の欄で解説をしようと思います!!!

カクテル

様々なリキュール にジュースを加えて飲みやすくしたものです。

有名なのはカシスリキュール にオレンジジュースを加えたカシスオレンジやカルーアリキュール に牛乳を加えたカルアミルクがあります。

アルコール感が弱くジュースのように飲めるので初めてお酒を飲む方におすすめです!!

ビール

大人は皆大好きビールですね。 僕はキライなので飲めません。

大学生は調子に乗って飲まない方がいいです。本当に美味しくありません。

ビールは麦を発酵させて作った飲み物で基本的に『苦い』と感じると思います。

ハイボール

ハイボールは、ウイスキーを炭酸で割ったものになります。 

ウイスキーは発芽させた穀類や水を糖化させ、発酵したアルコール含有物を蒸留したものになります。

基本的にアルコール濃度が高く、酔いやすいです。

ウイスキーの種類はいろいろあり、角、ブラックニッカ、ジョニーウォーカーなどがあり、少し高めのやつだと、知多、山崎、マッカラン、メーカーズなどがあります。 

ウイスキーは、糖質が少ないため健康に良いと言う点でも有名なのでわりとお勧めです。僕は好きです。

 

 日本酒

醸造酒に分類され、原料をお米として酵母の力でアルコール発酵させたものです。

日本酒は原料である米に糖分が含まれていないため、デンプンを糖化させてからアルコール発酵を進めて行きます。

アルコール濃度は25%あたりが平均で比較的高めです。

焼酎

日本酒とは異なり、蒸留酒に分類されます。

蒸留とは液体を熱することで発生した気体をさらに冷却することで、もう一度液体に戻す作業のことを言います。

アルコール濃度は40度あたりのもの多く非常に度数が高いです。飲んだら割とすぐに酔うので気を付けましょう笑

また、焼酎は甲類焼酎と乙類焼酎に分かれます。

甲類焼酎

甲類焼酎は普段サワーなどに入れられている焼酎で味がありません。

あくまでも割るようのものなのでそれ単品でで飲むものではありません。

例として鏡月などがあります。

乙類焼酎

乙類焼酎がいわゆる皆さんが普段飲まれている焼酎のことを言います。

芋、麦、黒糖、しそなどがありますね!ソーダ割りや水割りお湯割があります。

ワイン

ワインは主にぶどうを発酵させて作ったものです。

値段もピンキリでコンビニで買えるような安いものから一本何百万円と言うものまであります。

最初はコンビニで買えるものから試してみるのがおすすめです。

今回はこんな感じで終わりにしようと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

最後にはてなブックマークとFeedlyもポチッとお願いします。

twitterも是非!!